ダイエットに効果的なツボの位置や押し方のコツを解説

ツボ押し

ダイエットに効果的なツボについてご紹介いたします。

ツボを押すことで、さまざまな嬉しい効果を得ることができます。

ダイエットに効果的なツボがどこにあるのか、どのようなダイエット効果があるのか、どうやって押せばダイエットに効果的なのかをチェックしていきましょう。

ダイエットに効果的なツボとは?

ダイエットに効果的なツボの位置や押し方のコツを解説

ツボは体のさまざまな位置にあり、刺激することで体の調子を整えてくれるといわれています。

数あるツボのなかでも、とくにダイエットに効果的なもの、どこでも押しやすいものを3つご紹介いたします。

1. 腸のはたらきをよくする合谷

合谷は手の甲の、親指と人差し指の間にあります。

このツボを刺激することで、腸のはたらきがよくなります。

普段からお腹の調子が優れない方や、ダイエットによって便秘になってしまう方はこのツボを押してみましょう。

2. 食べ過ぎを防いでくれる飢点

飢点は耳の穴の手前、飛び出ている部分のくぼみにあります。

このツボを食事の10分から15分前に刺激することで空腹感を和らげてくれます。

食べ過ぎや、食事前の間食を防ぎ、無意識に食べる量を減らすことができます。

3. お腹周りのツボは血行促進や冷え予防に

お腹周りにはダイエットに役立つツボがたくさんあります。

おへそとみぞおちの間くらいにある中完というツボ、おへそから指2本分下の石門というツボ、おへそから指三本分の左右にある天枢というツボは、血行促進、体を温めるはたらきがあります。

ツボを刺激するだけでなく、このツボ付近を温めることでも血行促進や冷え予防ができます。

むくみやすい、普段運動をする習慣がない、冷え性で悩んでいるという方はぜひお腹周辺のツボを意識して押すようにしてください。

ダイエットに効くツボ押しのコツ

ダイエットに効果的なツボはたくさんありますが、やみくもに刺激するのではなく、効果的な押し方で刺激する必要があります。

ツボ押しのポイントを3つご紹介いたします。

1. 親指の腹で優しく刺激する

親指でやさしく押す

ツボを押すときは、親指の腹で優しく刺激するようにしましょう。

ツボは、痛くなるほどグリグリと押しても効果が高まるというわけではありません。

ほどよい強さで、痛気持ちいいぐらいの力を心がけてください。

強く押しすぎると赤くなったり、アザになってしまいます。このような場合は自分の力が強すぎる証拠ですので、思っているより弱い力で刺激しましょう。

2. 1度のツボ押しは3秒から5秒程度

ツボを押す際は、1つのツボに対して3秒から5秒程度がおすすめです。

1度数秒間押し続け、少し離して再度数秒押すとしっかり効果を実感することができるでしょう。

ツボは、長時間押したからといって早く効果が出るというものではありません。

押しすぎると痛くなってしまうので注意しましょう。

3. ゆっくり押してゆっくり離す

ツボを刺激するときは、ゆっくり押して、ゆっくり離す、を意識してください。

指をツボに沈めるように押していき、離すときも徐々に指の力を抜いていきます。

急に押したり、急に離してしまうと、筋肉が緊張してツボの本来の力を実感できなくなってしまいます。

ツボ押しダイエットと合わせて取り入れたいbinaris

ツボを刺激するだけでダイエットに役立てることができますが、もっと楽に、もっと手軽に痩せたい!という方にはbinarisもおすすめです。

binarisはダイエットや美容、健康を気にする方におすすめの栄養素がたっぷり入った粉末タイプのドリンクです。

スムージーやドリンクなどに混ぜて飲むだけで腸活に役立てることができます。

太りにくく、痩せやすい体を目指したい、ダイエットの成果がなかなか出ない、ややこしい計算などはしたくない…という方にぴったりのメリットがたくさんあります。

1食をbinaris入りのドリンクに置き換えるだけで摂取カロリーをカットすることができ、乱れがちな食生活も整えることができます。

麹の力で腸にアプローチするため、すっきりとした毎日を送ることができます。

公式サイトからの購入で、初回割引などのサービスを受けることもできます。ぜひチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

ツボを刺激して簡単に気持ちよくダイエットしよう!

ツボ押しダイエットのポイントや、ダイエットに効果的なツボについてご紹介いたしました。

ついなにか食べてしまう、むくみによって太く見えるのが気になるなど、ダイエットのお悩みも、ツボを刺激することで解決できるかもしれません。

食欲を減らしてくれるツボや体を温めてくれるツボ、血行をよくするツボなどを刺激して、ダイエットにチャレンジしましょう。