乳輪が大きいのには3つの原因が!小さくする方法はある?

胸を気にする女性

胸のサイズや形ではなく、乳輪の大きさが気になる女性はたくさんいます。乳輪が大きいと、だらしない印象になるのではないか、年齢よりも老けた印象になるのではないかと心配な方もいるでしょう。

今回は、乳輪が大きくなってしまう理由や、小さくする方法はあるのかについてご紹介いたします。

乳輪が大きくなる3つの原因

乳輪が大きいのには3つの原因が!小さくする方法はある?

日本人の乳輪の平均的なサイズは、3.5センチから4センチ程度といわれています。ですが、胸のサイズが小さいと、平均的な大きさの乳輪でも反比例して乳輪が大きく見えてしまいます。どうして乳輪が大きくなってしまうのか、その原因をチェックしていきましょう。

1. 妊娠によって乳輪が発達

乳輪が大きくなる原因に、妊娠があります。妊娠すると女性の体は、赤ちゃんを育てるためにさまざまに変化します。胸が大きくなったり、乳輪・乳首が大きくなったり黒ずんできたりします。

これは赤ちゃんがおっぱいを飲みやすいようにするためであり、出産して卒乳すると徐々に乳輪も元のサイズに戻り、色も薄くなっていきます。しかし人によっては、大きく黒ずんだまま戻らないこともあります。

2.下着との摩擦

下着との摩擦によって乳輪が刺激を受け続けると、体は乳輪を守るためにメラニン色素を多く出したり、乳輪を大きくしたりします。乳輪の色が濃くなることもあるので、サイズの合わないブラや肌に刺激になる素材のブラはおすすめできません。

3.急激な体重の増加

急激に体重が増加すると、皮膚が適応しきれずに伸びてしまいます。乳輪も同じで、皮膚がひっぱられて大きくなります。そのほか、おっぱいが肉割れを起こしたり、乳輪の形が綺麗な丸ではなく楕円になったりすることもあります。妊娠中は体重の増加、女性ホルモンの分泌量の増加でとくにおっぱいや乳輪が大きくなりやすいので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

乳輪を小さくする3つの方法

クリームを塗る

一度大きくなってしまった乳輪を小さくするのは難しいですが、今以上大きくなることを防いだり、色を綺麗にすることで乳輪を小さく見せることはできます。自宅でできる簡単な乳輪ケアをご紹介します。

1.色素を薄くしてくれるクリームを使う

乳輪の黒ずみは、色素沈着によって起こります。色素を薄くするクリームを使ってマッサージをすれば、綺麗な色の乳輪を目指せます。乳輪の色が薄ければ、存在感を薄くして目立ちにくくなるでしょう。

乳輪は、体のなかでもデリケートな部分ですので、乳輪用のケアクリームや、皮膚科で処方してもらうクリームを使うようにしましょう。

2.サイズの合ったブラをつける

摩擦によって乳輪が大きくなったり黒ずんだりしている場合、下着を変えることである程度防げます。大きすぎるブラを使っていると摩擦がひどくなってしまうので、胸をしっかり固定してくれるサイズの合ったブラを選びましょう。

素材は綿など、肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。バストサイズは定期的にお店で測ってもらい、その都度正しいサイズを選ぶようにしてください。

3.しっかり保湿して乾燥を防ぐ

乳輪の乾燥は、皮膚が伸びにくくなることや乳輪が黒ずんでしまうことにつながります。つねに保湿することを心がけましょう。保湿クリームのなかでも低刺激のものを使い、乳輪に刺激を与えないように注意してください。保湿クリームを塗る際に一緒に胸のマッサージも行えば、バストアップや胸の形を整えるのにも役立ちます。

FUWAPで乳輪も気にならなくなる美バストへ!

バストアップサプリメント、FUWAPは、理想的なバストになるためのお手伝いをしてくれます。形がよく綺麗なバストは、男性だけでなく女性からも憧れの的です。バストが綺麗だと自分に自信がつき、好きなファッションを楽しめたり恋愛に積極的になれたりします。

FUWAPには綺麗なラインを作る、女性らしい美しさを引き出す成分がたくさん配合されています。成分が気になる方にも嬉しい天然成分もたっぷりです。毎日飲むだけでバストケアができる手軽さも人気の理由の1つです。理想の胸に近づくためにもバストアップサプリメントを試してみましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

乳輪が大きくなる原因を解明して綺麗な乳輪を目指そう

乳輪が大きくなってしまう原因と、目立ちにくくする方法についてご紹介いたしました。乳輪は妊娠や乾燥、摩擦などの理由で簡単に黒ずんだり、大きくなったりしてしまいます。毎日のバストケアで、綺麗な乳輪を目指しましょう。正しいケアを続けることで理想的なバストが手に入ります。