バストサイズの正しい測り方3つのステップを詳しく紹介

バストサイズを測る女性

自分の正確なバストサイズを知ることは、下着選びにも関係します。

なんとなくで下着を選んでいると窮屈に感じたり、洋服のラインが美しくなくなったり問題がたくさん出てきます。

胸の形にも影響を与えるといわれていますので、自分の正確なバストサイズを知ることは非常に大切です。

季節や月経周期などによってもバストサイズは変化しますので、定期的にバストサイズを測って自分のサイズを知っておくようにしましょう。

バストサイズの測り方3ステップ

バストサイズの測り方

バストサイズを測る際に準備するものから実際の測り方について詳しくご紹介いたします。3.

メジャー、鏡を用意して薄着になる

バストサイズを測るためにはメジャーは欠かせません。

体にぴったりと沿ってくれる、柔らかい素材でできたメジャーを選びましょう。

鏡は全身が映る大きなものがよいでしょう。

鏡は、自分の姿勢が悪くなっていないか、メジャーをまっすぐ体に巻いているかを確認するためにも必要です。

バストサイズを測るときは薄着になってください。

バストの位置を正しい位置にして計測するためにも、自分のバストに合っていると思う下着をつけて測るのがベストです。

バストサイズを測る位置を確認する

準備ができたら次はバストサイズを測る位置を確認しましょう。

バストサイズはアンダーバスト、トップバストを測って導き出します。

アンダーバストはバストが膨らんでいるところからすぐ下の部分のことです。

メジャーをぴったり体に沿わせてジャストサイズを計測してください。

アンダーバストのサイズは、下着選びに重要になるので覚えておくようにしてください。

メジャーがたるんだり斜めになったりしていないか、鏡を見ながら確認しましょう。

トップバストはバストの1番高い部分です。こちらを計測する際もメジャーが斜めになっていないか確認しながら行いましょう。

バストサイズを計測する際は背筋を伸ばし、リラックスした状態になってください。

猫背になっていたり体に力が入っていると正しいサイズを計測することができません。

アンダーとトップの差を計算する

アンダーバストとトップバストのサイズを計測したら、その差を計算してください。

トップバストからアンダーバストの数値を引いた数字で、あなたのバストのカップが判明します。

詳しいバストサイズの基準については下記でご紹介いたします。

バストサイズの基準や下着が合わないときの原因

トップバストとアンダーバストの差からバストのカップがわかります。

カップトップとアンダーの差(cm)
AA6.5~8.5
A9.0~11.0
B11.5~13.5
C14.0~16.0
D16.5~18.5
E19.0~21.0
F21.5~23.5
G24.0~26.0
H26.5~28.5
I29.0~31.0

上記の表で自分のカップを知り、アンダーバストのサイズと組み合わせることで正しいサイズがわかります。

バストサイズは痩せたり太ったりするだけでも変わりますし、年齢によって体型が変化することでバストサイズが変わることもあります。

また、月経周期に合わせて、月経前に胸が張るような感覚がある方はバストサイズが変わっているかもしれません。

ジャストサイズの下着を着けているのに違和感があるというときは、下着がくたびれていないかも確認するとよいでしょう。

バストサイズが小さいことが気になる方には「FUWAP」がおすすめ!

バストサイズを気にする女性

バストサイズを計測してみると、「思ったよりもアンダーとトップの差が少ない…」と落ち込むかもしれません。

ですが、無理をせずに自分のバストサイズに合う下着をつけるようにしましょう。

どうしても小さいバストがコンプレックス、という方はバストを美しくするトレーニングや姿勢作り、マッサージを続けてみましょう。

サポートとしてサプリを取り入れてみることもおすすめです。サプリなら毎日気軽に続けることができます。

サイズに自信がない、サイズが小さくなった気がする、ダイエットでバストサイズがダウンしてしまった…とお悩みの方におすすめなのがバストアップサプリ「FUWAP」です。

理想の体作りをサポートしてくれてコスパも抜群のFUWAPをぜひチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

自分の正しいバストサイズを知ろう!

正しいバストサイズの測り方をご紹介いたしました。

バストサイズを正確に測り、自分の体にぴったりの下着をつけることで、バストが正しい位置で綺麗に見せることができます。

下着のサイズが合っていないと余計にバストが小さく見えたり、反対にだらしない体型に見えることも。

バストの形や大きさが気になるという方こそ、正しくバストサイズを計測して自分のサイズを把握しましょう。