「そげ胸」は早めの対策が肝心!憧れのふっくらバストへの道

デコルテを気にする女性

バストサイズは変わらないのにボリュームがなくなった気がする、デコルテがガリガリな印象になっているという場合、そげ胸になっている可能性があります。そげ胸を放置していると胸が垂れたり形が悪くなったり、ボリュームダウンの原因にもなってしまいます。そげ胸の改善方法を早めに試して、綺麗な胸を維持しましょう。

そげ胸は垂れ胸の前兆

「そげ胸」は早めの対策が肝心!憧れのふっくらバストへの道

胸の上部やデコルテが以前よりも痩せた印象になった、ブラのカップが浮く、乳首の位置が低くなったなどの心当たりがある場合、そげ胸になっているかもしれません。そげ胸は胸の大きさに関わらず誰にでも起こりうるものです。その原因の多くは加齢によるもので、30代から40代ごろの女性はそげ胸になりやすいです。

原因として考えられることが、女性ホルモン分泌量の低下や、筋力・体力の低下によって胸の形を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうことです。

そげ胸を放置するとそのまま胸を支える力がどんどん弱まっていき、垂れ胸、サイズダウンの原因になってしまいます。若々しい印象を維持するためにも、そげ胸対策を始めましょう。

そげ胸の改善方法

そげ胸は早く改善すればそれだけ胸の形の劣化を防げます。まだ20代でそげ胸になっていなくても、さまざまな要因でそげ胸になってしまう可能性はあります。あらかじめ予防をすることも大切です。自宅ですぐにできるそげ胸対策はたくさんありますので、早速今日から続けていきましょう。

補正力の高いブラをつける

補正力の高いブラをつけて胸をしっかり支えることは、そげ胸対策として有効です。

ワイヤー入りで脇が高くなっているブラを選びましょう。胸の形が劣化するのを防ぎ、しっかり胸の位置を支えてくれます。

また、パッドを胸の下にいれることで胸元のボリュームアップも可能です。眠るときはナイトブラでしっかり胸の形を整え、垂れたり広がったりしないようにしてあげましょう。

胸周辺の筋肉を鍛える

腕立て伏せ

胸周辺の筋肉は、普段姿勢が悪いだけでも簡単に劣化してしまいます。意識して胸周辺の筋肉を鍛えるようにしましょう。とくに胸を支える大胸筋を鍛えることは、そげ胸対策にも最適です。

おすすめの方法は、椅子くらいの高さのあるものに両手をつき、腕立て伏せを繰り返すというトレーニングです。「インクラインプッシュアップ」と呼ばれ、腰などに負担をかけず大胸筋をしっかりと鍛えられます。ほかにも自宅で簡単に大胸筋を鍛える方法はたくさんありますので、できそうなものから取り入れてみてください。

女性ホルモンの分泌を促す栄養素を摂る

加齢により女性ホルモンの分泌量が低下すると、胸のボリュームを維持しにくくなり、そげ胸になってしまいます。女性ホルモンのはたらきや分泌を促す栄養素を摂取して、体の内側からそげ胸対策をしましょう。女性ホルモンと似たはたらきを持つイソフラボンは、豆乳、豆腐、納豆などの大豆製品に多く含まれています。

また、女性ホルモンの分泌を促して良質な筋肉を作ってくれるタンパク質は、鶏肉や赤身の肉、青魚、乳製品に多く含まれています。ビタミンやミネラルは肌のツヤ、ハリを与えたりタンパク質を維持したり、女性ホルモンの分泌を促します。野菜、果物も食事メニューに取り入れましょう。

そげ胸・垂れ胸対策にFUWAPがおすすめ!

そげ胸や垂れ胸の対策にプラスアルファとしてFUWAPを飲むこともおすすめです。FUWAPは女性に人気のバストアップサプリメントで、女性ホルモンに似たはたらきをする成分や、バストケアに最適な成分がたくさん配合されています。

普段の食生活ではまんべんなく栄養素を摂取するのが難しい…という方はぜひこのようなサプリメントも試してみましょう。

ハリのある女性らしい胸を維持すれば、そげ胸、垂れ胸を防げます。もう歳だから仕方ない、もともと胸の形が悪いから仕方ない…と諦めるのではなく、そげ胸、垂れ胸対策をサプリメントから始めましょう!

初回限定!特別価格で申し込む

そげ胸は早めに改善すべき!綺麗な胸を維持しよう

そげ胸についてその原因や対処法をご紹介いたしました。そげ胸になってしまうと、胸の形が悪くなってしまいます。年齢や生活習慣などによってそげ胸は引き起こされますが、日常的な習慣の見直しによって、そげ胸の改善は十分に可能です。

ふっくらとボリュームがあり、形の綺麗な胸をキープできれば、いつまでも若々しい印象でいられます。補正力の高い下着をつける、筋力をアップさせる、食生活に気をつける、サプリメントを飲むなど、本格的なそげ胸対策を始めていきましょう。