胸が大きいから肩こりがひどい…贅沢だけど深刻なお悩み解決法

肩こり

胸の大きい女性は、肩こりを起こしやすいといわれています。実際に身を持ってそのことを体感しているという女性も多いです。胸が大きいとなぜ肩こりを引き起こしてしまうのか、また肩こりの対処法についてご紹介していきます。

胸が大きいと肩こりがひどくなりませんか?

胸の大きさと肩こりには、関係があります。どうして胸が大きいと肩こりがひどくなってしまうのか、その原因を見ていきましょう。

胸の重みによって肩こりになる

胸は普段意識することは少ないものの、かなりの重さがあります。当然ですが、胸が大きくなればなるほど重さは重くなります。Aカップの胸はみかん2つ分くらいの重さですが、Fカップになると小玉メロン2つ分ほどの重量になるのです。

毎日こんな重みを支えているというのは、自然と体にも負担がかかります。首、肩などへの負担が大きくなると、結果慢性的に肩こりが続くことになります。

悪い姿勢が原因で肩こりになる

胸が大きいと重みが増し、それを支えるために姿勢が悪くなってしまうという女性も多いです。姿勢が悪くなると、肩、首、腰にも負担がかかります。マッサージをしてもなかなか肩こりが解消しない…という方は、もともとの姿勢を見直す必要があるでしょう。胸が大きくなくても、姿勢の悪さによって肩こりが引き起こされている方もいます。

胸の大きさによる肩こりの対処法

胸が大きいから肩こりがひどい…贅沢だけど深刻なお悩み解決法

胸が大きいことによって肩こりが起きている場合の対処法についてご紹介していきます。姿勢を正す、サイズの合うブラをつける、筋肉をつけるといった方法で、肩こりを根本的に解消していきましょう。

綺麗な姿勢を意識する

胸が重いと、つい猫背や反り腰になってしまっている女性が多いです。しかし、猫背は肩や首に非常に大きな負担を与えますし、反り腰は腰痛、足のむくみなどにつながります。まずは、正しい姿勢を意識するようにしましょう。

胸を張り、肩はやや後ろに引くようにイメージしてください。お腹とお尻に力を入れれば、自然と綺麗な姿勢を目指せます。座っているときは骨盤の上に背骨をしっかり乗せるイメージで、背筋を伸ばしましょう。

スマホを見るとき、パソコンを触るときは背中や首を丸めるのではなく、目線を高くする位置でスマホ、パソコンを見るようにしてください。

胸を支えてくれるブラをつける

胸をブラで支えきれていないと、負担がかかって肩こりが起きてしまいます。正しいサイズのブラ、肩に負担を与えにくいブラを選ぶようにしましょう。また、自宅にいるときにノーブラで過ごしていると肩や首の負担が大きくなってしまいます。

肩こりを解消したいなら、しっかり胸を支えてくれるブラを選んでください。パワーネットのもの、ノンワイヤーのものは、体に負担をかけずにしっかり胸を支えてくれます。

ナイトブラやスポーツブラのようにストラップが肩に食い込まないものを選べば、必要以上に肩に負担がかかることも防いでくれるでしょう。

筋肉をつける・体を動かす

ストレッチ

肩や首まわりの筋肉が少ないと、肩こりを引き起こしやすくなります。逆に筋肉がしっかりついていれば首や肩を支える力も強くなり、反対に筋肉がないと体を支えられないので悪い姿勢になってしまいます。

筋肉は血液を循環させるはたらきもありますが、筋力不足だと循環をうまく行えず老廃物が溜まり、肩こりが慢性化しやすいです。肩を開いて腕を回す、肩や腕、首のエクササイズを取り入れるなど、筋力をつけて肩こりを解消しましょう。筋肉がつけば自然と美しい姿勢も手に入ります。

もう胸が大きい人でもFUWAP愛用者が多い!その訳は?

バストアップサプリメントは胸が小さい人のためのもの、という印象が強いですが、FUWAPは胸が大きい人も愛用しています。ただバストアップにはたらきかけるだけでなく、理想的なラインを作りたい、ハリや弾力がほしい、内面から綺麗を目指したいという女性に嬉しい成分がたっぷり配合されているからです。

胸は大きければよいというものではありません。自分の理想の胸をイメージして、近づくためにもFUWAPを飲む習慣をつけていきましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

胸が大きいと肩こりになりやすい!根本的な解決を

胸が大きいとその分重みが増し、肩こりになりやすいです。マッサージをしたり温めたりしてもすぐにぶり返す肩こりは、根本的な原因を突き止めて解消するしかありません。肩や首に負担のかからない姿勢を意識する、胸をしっかりささえてくれる下着を選ぶ、肩周りの筋肉をつけるなど、毎日コツコツとできることを始めていきましょう。