ふくらはぎが痩せない人は必見の引き締めトレーニング方法

ふくらはぎ

ダイエットをして理想の体重、体型になりつつあるのに、ふくらはぎがなかなか痩せない、とお悩みの方は多いです。

ふくらはぎは痩せにくい下半身の中でもとくに部分痩せが難しい部位です。

その理由と、ふくらはぎ痩せに効果的なトレーニングについてご紹介いたします。

ふくらはぎを引き締めるためのトレーニング

ふくらはぎが痩せない人は必見の引き締めトレーニング方法

ふくらはぎを引き締めるためには、筋力トレーニングだけでなくふくらはぎをよく使う運動をすることも大切です。

引き締まった綺麗なふくらはぎを作るためのトレーニングをご紹介いたします。

普段の歩き方を意識する

普段の歩き方が悪いとふくらはぎが痩せにくくなってしまいます。

まっすぐ立ち、背筋を伸ばし、大股で歩くように意識しましょう。

足の指で地面を押し、着地するときはかかとから足をつけるようイメージしてください。

腕を振って、体全体を使いながら歩くことで、ふくらはぎにもしっかり力を入れて歩くことができます。

ワイドスクワットで鍛える

ワイドスクワットは、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

足を肩幅よりも広く外側に開き、ガニ股になるようにスクワットを繰り返します。

ふくらはぎだけでなく太ももの内側やお尻にも効果があり、引き締まった下半身を目指すことができます。

フォームを間違えるとふくらはぎに負担になったり、足を太くしてしまいますので注意しましょう。

ストレッチでふくらはぎを伸ばす

激しい運動をしたり、反対にほとんど運動をしていないと、ふくらはぎの筋肉が緊張してしまいます。

筋肉の緊張はむくみなどの原因になるので、ストレッチをしてほぐすことを意識しましょう。

アキレス腱を伸ばすときの動きや、両足の裏をくっつけて座り体を前に倒すなどの動きもふくらはぎを伸ばすのに効果的です。

ふくらはぎが痩せにくい理由

むくみ

ふくらはぎが痩せにくい理由はいくつかありますが、その中でも代表的なものをご紹介します。

自分のふくらはぎが太いのはなぜなのか、その原因をチェックして正しいダイエット方法を探していきましょう。

むくみのせいで痩せにくい

ふくらはぎは体の中でも心臓から離れており、むくみやすいです。

とくに1日中立ち仕事をしていたり、体を動かさないでいると、血液や老廃物が排出されにくくなり、むくんでしまいます。

トレーニングやストレッチをすることでむくみにくいふくらはぎを作ることができます。

さらにマッサージを習慣化して、ふくらはぎの老廃物を流すようにしましょう。

筋肉がついていて痩せにくい

スポーツをやっていた、間違ったトレーニングを続けていたことによって筋肉がつきすぎている場合もあります。

この場合は時間をかけてゆっくりダイエットするしかありません。

毎日マッサージをして筋肉をほぐし、ストレッチで筋肉を伸ばすようにしましょう。

筋トレよりもツボ押しやヨガなど、ウォーキングなどの緩やかな有酸素運動がおすすめです。

脂肪が多くて痩せにくい

ふくらはぎに脂肪がついているケースです。

この場合、運動と食事制限をして全身のダイエットを心がけることで細くすることができます。

充分に細い、理想体重であるのにふくらはぎだけが太いという方は、下半身を鍛えることを目的としたトレーニングやむくみにくい食材を取り入れることを意識してみてください。

健康的なからだを作るダイエットアイテム、binaris

ふくらはぎだけでなく全身のダイエットにおすすめなのがbinarisです。

腸活に役立ち、綺麗な体を内側から作っていくことができます。

体に不要なものを溜め込みにくくしてくれるので、すっきりした毎日を送りたいという方におすすめ。

トレーニングや運動、食事管理と合わせてbinarisを取り入れることで、よりスムーズに、簡単にダイエットにチャレンジすることができます。

公式サイトからの購入で割引してくれるなどの充実したサービスを受けることができますので、ぜひチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

スリムなふくらはぎを目指そう!

体の中でもとくに痩せにくいふくらはぎのダイエット方法についてご紹介いたしました。

むくみ、脂肪、筋肉などで、ふくらはぎはなかなかスリムになってくれません。

自分のふくらはぎが太い理由をしっかりチェックして、原因別に最適なトレーニング方法を選択しましょう。

むくみにくい体を作る、筋肉を鍛える、筋肉をほぐすなど、それぞれに最適なダイエット方法を続けることで、引き締まった綺麗なふくらはぎを目指すことは可能です。

ふくらはぎの部分痩せだけでなく、全身痩せを目指してダイエットを継続することも大切です。