産前・産後のおっぱいケアでもちもちバストをキープせよ!☆

産前・産後のおっぱいケアでもちもちバストをキープせよ!☆

産前産後に、おっぱいの形が崩れたことを気にする女性は多いです。妊娠や出産は女性の体にさまざまな変化を与えますが、おっぱいはとくに気になる部分でしょう。綺麗な形やもちもちの触感を維持するためにはどのようなことをすればよいのか、産前と産後それぞれのケア方法についてご紹介していきます。

産前産後のおっぱいケアを怠ることのリスク

産前産後は、赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいになって、ついおっぱいのことは後回しにしてしまいがちです。しかし、なんとなく形が悪くなった、小さくなったような気がするけどバストケアをする時間がない…とケア怠っていると、おっぱいのサイズや形が変わってしまうのです。

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんにたくさんの栄養を与えるためにお母さんの体には女性ホルモンがたくさん分泌されます。これにより、この時期におっぱいのサイズが2カップ以上アップするという方もいます。しかし、出産後や卒乳後に女性ホルモンの分泌が低下すると、一時的に大きくなったように見えた胸もしぼんでいくのです。

これを放置しておくと、おっぱいが垂れてしまったり、しわしわになってしまったりと、綺麗なおっぱいとは程遠い形になってしまいます。産後のバストケアは重要ですが、できれば産前からバストには敏感になり、ケアを徹底してあげるといいでしょう。

産前(妊娠中)のおっぱいケア方法

保湿ローション

産前のおっぱいのケア方法についてご紹介いたします。妊娠中は母体もデリケートになっているので、無理のない範囲で行いましょう。お腹が張らない程度のおっぱいケアは、リラックスできたり、体が楽になったりすることもあります。毎日短時間でよいので、おっぱいを気にする時間を作ってみてください。

保湿をしてバストのハリを生み出す

肌と同じように、おっぱいが乾燥するとたるみやしわしわの原因になってしまいます。逆におっぱいが保湿されていると、ふっくらとハリのある若々しい形、触感になります。

化粧水や乳液、ボデイローションなどを利用して、おっぱい周辺の保湿を意識しましょう。妊娠中は肌も嗅覚も敏感になっているので、肌に優しい無香料タイプのローションなどがおすすめです。

バストサイズに合う下着を選ぶ

妊娠中は、女性ホルモンの影響でバストサイズが大きく変動します。普通のワイヤーブラをつけているとおっぱいが窮屈になり、息苦しさを感じることもあります。できるだけリラックスして過ごすためにも、マタニティブラを選ぶようにしましょう。

自分の体のサイズに合った下着、バストサイズが多少変動しても対応してくれる下着を身に付けることで、おっぱいの形を綺麗にキープできます。敏感になっている肌に優しい天然素材のものや、眠っているときにも締め付けずおっぱいを支えてくれるものがおすすめです。

産後・卒乳後のおっぱいケア方法

エクササイズ

産後、卒乳後のおっぱいケアについてご紹介します。授乳中にクリームなどを使ったマッサージができなかった方は、卒乳後にしっかりケアをしてあげるようにしましょう。

エクササイズでバストにハリを

おっぱいを支える胸の筋肉を育てることで、おっぱいのハリを取り戻せます。大胸筋は負荷が少なくても毎日続けることで鍛えられるので、自宅でできるトレーニングを続けてみてください。産後の女性向けのエクササイズはたくさんあります。

食生活に一層注意して過ごす

出産後、卒乳後は女性ホルモンの分泌が以前よりも減少しています。イソフラボンなど、女性ホルモンに似たはたらきを担ってくれる栄養素を意識して食べるようにしましょう。赤ちゃんに構ってばかりで食生活が疎かになると、おっぱいにも栄養がきちんと行き渡らず、形が悪くなったり、小さくなったりする原因になってしまいます。

産後のおっぱいケアにFUWAPが人気の理由

産後のおっぱいケアには、バストアップサプリを取り入れることもおすすめです。FUWAPは、女性のおっぱいや体のコンプレックスを解消するサポートをしてくれるサプリメントです。産前産後におっぱいの形が変わってしまった、もっと綺麗なおっぱいを目指したいという方におすすめしたい成分がたっぷり配合されています。サプリメントは継続して飲み続けることが大切ですが、FUWAPでは初回をお得に試せるキャンペーンも開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

産前産後のおっぱいケアを徹底しよう!

産前産後は、おっぱいの形が変わりやすい時期です。この時期にしっかりとおっぱいケアを取り入れて、綺麗なおっぱいを目指しましょう。保湿やマッサージ、エクササイズなど、できることはたくさんあります。いつまでも若々しく、もちもちとしたおっぱいでいるために、毎日コツコツ続けることが大切です。