ダイエット中の空腹時にやるべき「ごまかし方」の極意

ダイエット中の空腹時にやるべき「ごまかし方」の極意

ダイエットで食事の量を減らすと、どうしても空腹を感じやすくなってしまいます。

この空腹と上手に付き合うことが、ダイエットを成功させるカギとなります。

空腹を我慢せず、上手に紛らわすことができる方法をご紹介いたします。

ダイエット中の空腹時の気の紛らし方

ダイエット中の空腹時の気の紛らわし方をご紹介します。

お腹がすいて我慢できない!という方は、いきなりドカ食いをするのではなく、以下3つの方法をぜひ試してみてください。

1. 水分を摂取する

水を飲む

体は、水分が不足すると空腹を感じさせることがあります。

今感じている空腹は、実は本当の空腹ではなく水分不足なだけかもしれません。

お腹がすいたと思ったら、まずは水分を補給しましょう。

水かお茶がおすすめですが、さらに空腹を紛らわせてくれる炭酸水や温かい紅茶もおすすめです。

2. グレープフルーツの香りを嗅ぐ

グレープフルーツの香りには、食欲を抑制する力があるといわれています。

グレープフルーツの香りのアロマや香水などを持っておき、お腹がすいたら香りを嗅ぐようにしましょう。

また、グレープフルーツ自体にもダイエットに嬉しい効果があります。

3. ダイエット向けのおやつを食べる

空腹がどうしても我慢できない場合は、ストレスを溜めないために間食をしてしまうこともおすすめです。

ナッツやドライフルーツ、チーズなどは栄養価が高く、ダイエット中の間食にぴったりです。

最近はコンビニでも、低糖質なダイエット向けのチョコレート、クッキー、アイスなどが購入できます。

罪悪感の少ないおやつを食べて、空腹を上手に紛らわせましょう。

空腹に耐えられずに何か食べるときの注意点

空腹を我慢しすぎるとストレスの原因に。

限界がくる前に、何かを口にしてしまうのも賢いダイエット方法の1つです。

その際は以下3つの注意点を守り、上手にダイエットを継続させましょう。

1. 高カロリーなものを食べない

チョコを食べる

お腹がすいているときは、栄養の吸収もよくなっています。

このときにカロリーや糖質が高いものをいきなり食べると、そのぶん太りやすくなる原因に。

高カロリーなものが食べたいときは、何かほかのもので我慢できないか考えてみましょう。

唐揚げならサラダチキンに、チョコレートなら高カカオのものに、甘いジュースならプロテインや豆乳に…など、ちょっとの工夫でカロリーや糖質を抑えて空腹を満たすことができます。

2. いきなりドカ食いをしない

お腹が減った状態で長時間過ごし、おやつも我慢したから夕食をたくさん食べてもいい!というわけではありません。

空腹に体を慣らすことで内臓を休めることはできますが、いきなりたくさん食べ物を体内に取り入れることで消化不良を起こしてしまう可能性もあります。

とくに消化しにくいもの、脂っこいものなどをいきなり食べるのはやめましょう。

空腹時の食事は、まず水分をたくさん取り、その後野菜やスープなどの消化にいいものからスタートさせるのがおすすめです。

3. 筋トレなどの運動は控えめに

空腹を紛らわせるために体を動かすというのは1つの方法ですが、激しい筋トレやランニングなどの運動はやめましょう。

空腹時に運動、トレーニングを行っても、体を充分に動かすことができず、また筋肉を育てることができません。

かえって体を疲れさせ、筋肉を分解してしまう原因にもなります。

空腹時の運動はストレッチ程度にとどめておきましょう。

空腹時のドリンクに入れてもOKなbinaris

binarisは、ダイエットをがんばる方におすすめの粉末タイプのドリンクです。

好きな飲み物に入れるだけで、腸活に役立つ成分を摂取することができ、すっきりとした体を目指せます。

空腹時に温かい紅茶を飲んだり、腹持ちのいいスムージーを飲むという方は、このbinarisも一緒に飲むようにしてみてください。

我慢できない空腹を紛らわせつつ、一緒にダイエットも継続させることができる便利なアイテムです。

binarisは1箱に30袋入っており、手軽に摂取できるため無理なく毎日続けられます。

定期コースを申し込めば、買い忘れの心配もなく、長期間のダイエットにも便利です。

サービス内容、キャンペーンの特典などは、公式サイトでチェックしてみましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

空腹は我慢しすぎないのがポイント!

ダイエット中の空腹感を紛らわせる方法をご紹介いたしました。

水を飲む、香りを嗅ぐ、ダイエット向けのおやつを食べるなどのさまざまな方法があります。

ダイエット中の空腹を無理に我慢しすぎる必要はありません。

ときには間食をしたり、ゆっくり食事を楽しみ、口に入れるものを考えて、空腹と上手に向き合いながらダイエットを続けましょう。