【悲報】ぽっちゃり貧乳は男ウケ悪いかも…挽回のチャンスは?

2020年5月27日

ぽっちゃり体型

ぽっちゃり体型なのに貧乳…というのは、女性にとってコンプレックスです。ですが無理なダイエットをすると余計に貧乳になってしまうかもしれません。綺麗な形のバストを目指して努力してみましょう!自信を持つにはどんな工夫が必要なのかについてご紹介いたします。

ぽっちゃり貧乳は男ウケが悪い…

【悲報】ぽっちゃり貧乳は男ウケ悪いかも…挽回のチャンスは?

ぽっちゃりしているとその分バストのサイズも大きいように思えますが、実際にはぽっちゃりしているすべての女性のバストが大きい、という訳ではありません。

しかし、ぽっちゃり女性に大きなバストを期待している男性は、ぽっちゃり貧乳にがっかりしてしまうようです。ぽっちゃりしている=バストが大きい、という世間のイメージもあるため、直接男性からいわれたりしなくても小さい胸にコンプレックスを抱いている女性は多いです。

あなたの体はあなたのもので、自分を大切に思うことが一番大切です。男性の目や世間のイメージばかりを気にして悩む必要はまったくありません。それでも、自分の体型が気になる…という方は、自信をつけるために何が必要かを考えてみましょう。

体型に少しでも自信を持てたら何かが変わるかも…

ぽっちゃりしているのに貧乳というコンプレックスを解消すれば、自分に自信をつけられます。そのためにはぽっちゃり体型からスリムな体型を目指すか、今の体型のままバストアップを目指すことが求められます。2つの方法について詳しくご紹介いたします。

正しい方法でダイエットをする

ダイエットをするとさらに貧乳になってしまうかもしれない、と思っている女性は多いですが、正しい方法でダイエットをすればバストは残したままスリムな体型を目指せます。無駄な脂肪を落とし体型が引き締まれば、貧乳も目立ちにくくなり、かえってバストが大きくなったような錯覚を与えられるでしょう。

スリムになればいろいろな洋服を着こなすことができ、自分に自信もつきます。男性ウケばかりを気にするよりも、自分が着たい服を着る、ダイエット習慣を身につけて健康的な体を手に入れることの方が、自分に自信を取り戻すのには効果的です。

バストアップ方法を試す

今の体型のままバストアップを目指す方法もあります。ぽっちゃりした女性らしい体つきは、男性だけでなく、健康的な肉体美に憧れる女性にも人気が高いです。さらにバストも大きくなれば全体のバランスも整い、自分に自信を持つことにもつながるでしょう。

バストアップには毎日のマッサージや食生活の改善、筋トレ、正しい下着選びなどが必要です。バストアップのためによい生活習慣を取り入れたら自然とダイエットに成功した!という声もあります。

バストアップやダイエットに大切な習慣

野菜を食べる

バストアップとダイエットは相反するものに思えますが、実際にはこの2つには共通点が多いです。健康的な生活習慣を取り入れることで、スリムな体型も、ボリュームのあるバストも手に入れられますよ。

食生活を改善する

バストアップにもダイエットにも食生活の改善は欠かせません。タンパク質やミネラル、ビタミンをたくさん取ることで、体に必要な筋肉がしっかり作られます。食べる量を減らすのではなく、体によい影響を与えてくれる食材を選んでたくさん食べるようにしましょう。

ストレッチや筋トレをする

ストレッチや筋トレはバストアップにもダイエットにも効果的です。ストレッチをして全身の姿勢を正し、血行をよくすることで、老廃物が排出されやすい体になります。むくみにくく、シュっと綺麗な体のラインを目指せるでしょう。さらに、バストに栄養が送られやすくなるので、バストアップにも効果的です。

バストアップサプリメントを飲む

バストアップサプリメント、FUWAPは、綺麗なバストを作るのに嬉しい成分はもちろん、女性の美容に嬉しい成分も配合されています。ダイエット中は栄養が不足しがちで、肌荒れや髪のパサつきなどに悩む女性も多いですが、このようなサプリメントを飲めばそのような悩みもサポートしてくれるでしょう。

ダイエットサプリメントやビタミン、ミネラルなどのサプリメントと一緒に飲むようにすれば飲み忘れの心配もなく、毎日続けられます。

初回限定!特別価格で申し込む

ぽっちゃり貧乳から脱出!綺麗なボディラインを目指そう

ぽっちゃり貧乳は男性ウケが悪いだけでなく、自分に自信を持つこともできなくなってしまいます。自信を取り戻すためにも、ダイエットやバストアップにチャレンジしてみましょう!

ダイエットをしながらバストアップを目指す方法もありますし、バストアップだけに着目する方法もあります。男性ウケではなく、自分に自信が持てる体型を目指すことが一番です。どんな女性に憧れるのか、どんな体型になりたいかを考えてみましょう。