ダイエット中の外食はヘルシーに!絶対厳守の4つの食事術

ランチ

ダイエット中に外食の予定が入り、スケジュールが乱れてしまうとお悩みの方は少なくありません。

外食メニューはカロリーの高いものが多いため、食べる量をコントロールできない、周囲の空気に飲まれてつい食べ過ぎてしまう、という問題も発生しがちです。

急な外食の予定ができて焦らないように、外食メニューの選び方やダイエットに効果的な食べ方をチェックしていきましょう。

外食時に守るべきヘルシー食事術

ダイエット中の外食はヘルシーに!絶対厳守の4つの食事術

ヘルシーな料理を選ぶだけでなく、食事方法にも気をつけることで、外食してもダイエットを継続できます。周囲に気を使わせず、自分も外食を楽しむために、まずは基本的なことから抑えていきましょう。

ここでは、外食のときに守ってほしい食事方法をご紹介します。

カロリーや成分表示をチェックする

最近の外食メニューには、カロリーや成分表示があることが多いです。あらかじめ行くお店が決まっているのなら、ホームページなどで確認することもできます。

チェックできるようなら、事前にカロリーや成分表示を確認しておきましょう。

カロリーが低くても糖質が高いものはダイエットには逆効果ですので、糖質の欄もチェックすることを忘れずに。食べたいメニューのなかから、ヘルシーで栄養素もばっちりの料理を選べば、ダイエットにも役立ちます。

ソースやドレッシングなどでカロリーを調整できる料理もあるので、できるだけ低カロリーなものを選ぶようにしましょう。

タンパク質と野菜の多いメニューを選ぶ

カロリーや成分表示がない場合は、タンパク質と野菜の多いメニューを選ぶようにしましょう。

野菜は低カロリーで美容や健康、ダイエットに嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

タンパク質は筋肉を作ったり痩せやすい体作りに欠かせない成分で、鶏肉や卵、乳製品、大豆製品などに多く含まれています。チキンステーキや冷しゃぶサラダ、チーズ、ヨーグルト、豆腐を使った料理などがおすすめです。

居酒屋であれば、枝豆、冷やしトマトなど、野菜メインの料理もたくさんあります。大勢でいろいろなメニューを注文するときは、率先して野菜やタンパク質の多いメニューを注文するようにしてください。

順番を意識してよく噛んで食べる

野菜から食べる

食べる順番を意識することで痩せやすい食事方法を取り入れることができます。

まずは野菜から。次にスープ、主菜、主食の順番で口に入れましょう。炭水化物や糖質の高い主食を最後に食べることで血糖値の急上昇を防ぎ、太りにくくしてくれます。

また、野菜やスープでお腹を満たしておけば、主食の食べ過ぎを防ぐこともできます。

食べるときはよく噛んで、一口一口に時間をかけるようにしましょう。食べ過ぎを防ぎ、少ない量で満腹感を感じることができます。

周囲にダイエット宣言をしておく

周囲に気を使わせたくないという場合は、あらかじめダイエット宣言をしておくこともおすすめです。

あまり食べていないと体調の心配をされたり、好みの店ではなかったのかと、不要な心配をかけてしまうかもしれません。「ダイエットしている」と伝えておくだけで、お互いに気楽に外食を楽しむことができます。

少人数や同性同士なら、一緒にヘルシーなメニューの豊富なお店に行ったり、ダイエット情報を交換しあいながら食事できるでしょう。

外食の前後にはbinarisで調整しよう

気をつけていても、外食には太りやすい落とし穴がたくさんあります。食べ過ぎてしまった、たくさん食べる予定がある、などの場合にはbinarisなどのアイテムを取り入れて調整しましょう。

binarisはドリンクに混ぜて飲むだけで、ダイエットに嬉しい栄養素が摂取できます。

食事をbinaris入りのドリンク、スムージーなどに置き換えるのもおすすめです。外食前後など、気になるときに摂取カロリーを大幅にカットできます。

また、binarisは腸活にも活躍します。外食が続いてお腹の調子が悪い…という方にもおすすめです。

初回限定!特別価格で申し込む

外食も怖くない!ケルシーな食事方法を覚えよう

外食は食べ過ぎてしまったり高カロリーなものを選んでしまいがちですが、ダイエットに役立つ食事方法を頭に入れておけば怖くありません。

低カロリー、低糖質で野菜やタンパク質の多いメニューを選ぶ、食べ方や一口の時間を意識する、周囲にダイエット宣言をしておくなどの工夫が、痩せやすい体作りにつながります。

友人や仲間との外食を心から楽しめるように、あらかじめヘルシーな食事方法を覚えておきましょう。