断食ダイエットの正しい方法・間違った方法とは?

断食ダイエット

断食、ファスティングという言葉をメディアで見かけることは多いですが、ただやみくもに食を断つだけでは正しい断食ダイエットとはいえません。

体に悪影響を及ぼさない適切な断食ダイエットを理解して、スムーズなダイエットに役立てましょう。

正しい断食ダイエットの方法と、間違った断食ダイエットの方法についてご紹介いたします。

断食ダイエットの正しい方法

断食ダイエットの正しい方法・間違った方法とは?

まずは正しい断食ダイエットの方法をご紹介します。

半日から数日間に留める

断食ダイエットは短時間、短期間で済ませるようにしましょう。半日だけ断食する、休日の数日間だけ断食するといった方法がおすすめです。

断食ダイエットは体重を落とすことが本来の目的ではなく、消化器官を休める、空腹に体を慣らす、体にたまった不要なものを排出することが目的です。長時間続けても期待以上の効果は得られませんので注意しましょう。

最低限の栄養を摂取する

断食ダイエットといっても、最低限の栄養を摂取することは大切です。栄養価の高い手作りの野菜ジュースやスムージー、さらに酵素ドリンクなどを飲むようにしましょう。

固形物を口にしないだけでも消化器官を休めることができます。ファスティング用のクレンズジュースなどもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

激しい運動などは行わない

断食ダイエット中は摂取カロリーが極端に少なくなり、体も脳も思うようにはたらかなくなっていきます。そんなときに激しい運動をすると、ふらついたり、頭痛、吐き気を招いたり、怪我にもつながります。

断食ダイエット中は最低限のストレッチなどにとどめておき、無理に体を動かさないようにしましょう。

断食ダイエットの間違った方法

長時間の空腹

断食ダイエットの間違った方法をご紹介します。知識のないまま断食ダイエットにチャレンジすると、体の不調を招いたりかえって太りやすくなってしまうので注意しましょう。

長期間断食を続ける

断食ダイエットは長時間続けると、体が飢餓状態になり、体、脳、メンタルにも悪影響を及ぼします。

長期間断食をすると、たしかに体重は減りますが、体から不要な水分が抜けただけで本来の綺麗な体になるという目的を果たすことができません。体をリセットする目的で週に1度など、定期的に短い期間行なうことをおすすめします。

水分を摂取しない

断食ダイエット中は意識して水分を取るようにしましょう。

食事に含まれる水分を摂取できないため、断食ダイエットは脱水状態になりやすいです。普段よりも多めに水分を飲みましょう。水分を多く取ることで空腹感を紛らわせる効果もあります。

水分は、ミネラルウォーターやカフェインレスのお茶などがおすすめです。

断食後いきなり食事をする

断食期間が終わったらいきなりもとどおりの食事をする、というのも間違った方法です。断食中に休まった消化器官がいきなり食べ物を取り入れることで消化不良を起こす可能性があります。

また、飢餓状態の体は必要以上にカロリーを蓄えようとしてしまい、かえって太りやすく、リバウンドしやすい体にもなっていきます。

断食前後は消化によいものを食べて、徐々に体を慣らしていくように心がけましょう。

断食ダイエットと合わせて利用したいbinaris

binarisは粉末タイプのダイエット向けのドリンクです。腸活に役立つ栄養素がたっぷり含まれており、綺麗な体を目指す方におすすめです。

スムージーやドリンクにまぜるだけで簡単に摂取できるので、置き換えダイエットやファスティングとの相性もよく、断食ダイエットを検討されている方にぜひチェックしてもらいたいアイテムです。

断食をすると便秘になりやすいというデメリットもありますが、binarisを飲めばお腹の調子にアプローチして、すっきりした毎日のサポートをしてくれます。

1食につき1袋と使いやすいタイプになっていますので、3食置き換えから1食だけの置き換えなど、それぞれのダイエット方法に合わせた使い方ができます。長く使い続けたい方のために定期便も用意されているので、公式サイトをチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

正しい知識で断食ダイエットにチャレンジしよう

断食ダイエットは、方法を間違えると体に悪影響を及ぼしてしまいます。かえってダイエットには逆効果になってしまう可能性もありますので、事前にしっかり正しい方法を理解しておきましょう。

短期間で済ませる、最低限の栄養素を摂取する、必要以上の運動をしないなど、断食ダイエットを正しく安全におこなうための知識を頭に入れて、上手に断食をダイエットに取り入れるようにしてください。