大食いさん必見の食べてもダイエットを成功させる方法

ピザを食べる女性

食べるのが好き、たくさん食べたい、1度食べるとお腹いっぱいになるまでやめられない、という大食いの方は、「今日も食べ過ぎてしまった…」と後悔してしまうこともあるでしょう。

ですが、大食いの方でも工夫次第ではダイエットができます。無理に我慢をするとストレスになってしまいますので、できることからダイエットにチャレンジしてみましょう。

ダイエット中でもたくさん食べたいときの食事法

大食いさん必見の食べてもダイエットを成功させる方法

ダイエット中でもたくさん食べたくなってしまうとき、飲み会やパーティーなどで食べなければならないシーンは多々あります。

そんなときでも後悔しないような食事方法をチェックしていきましょう。

カロリーの低いものから食べる

たくさん食べたいときはまずカロリーの低いものから食べましょう。前菜やサラダをたくさん食べ、スープでお腹を満たすこともおすすめです。

最初にカロリーの低いものでお腹を満たすことで、炭水化物やカロリーの高いあげものなどを食べ過ぎず、摂取カロリーを抑えたまま満腹感を味わうことができます。

水分は水や白湯で補給する

たくさん食べるときの水分補給は、水や白湯にしましょう。ジュースやビールなどはカロリー、糖質が高く、太りやすくなってしまいます。

水や白湯をたくさん飲むことでお腹もすぐにいっぱいになり、また消化しやすく、むくみにくい体を作ることができます。

食べ過ぎた翌日も水分をたくさん摂取して、不要なものを排出しやすいように心がけましょう。

高級なものを少しだけ食べる

たくさん食べてしまうことにお悩みの方は、同じチョコレートでも安いものをたくさん食べるより、高級なものを味わって食べるようにしてみてください。

高級なもの、人のぬくもりが感じられるもの、特別な味わいを楽しめるものなら、少量でも満足感が得られます。

いつものスーパーのお惣菜をデパートのものにしてみる、コンビニの菓子パンではなくケーキ屋さんのケーキにしてみるなど、いつも食べ過ぎてしまう安い食べ物のグレードを少し上げて、食べることを楽しみましょう。

たくさん食べる前後に気をつけること

歩道橋を上る

たくさん食べる前後に気をつけたいことを意識すれば、食べ過ぎても後悔しすぎずにまたダイエットに取り組めます。体やメンタルの調子を整えて、明日からまたがんばれるようにしましょう。

日常生活の中で体を動かす

エスカレーターではなく階段を使う、歩くスピードを早める、家の中ではつま先立ちをする、姿勢を正すなど、日常生活の中で体を動かすようにしましょう。少しでも消費カロリーを増やすことで、体も心も軽くできます。

余裕があるならウォーキングに出かけたり、筋トレやストレッチを取り入れてみましょう。

むくみを排出するよう心がける

食べ過ぎると、体は余分な水分をたくさん溜め込もうとします。その結果むくみが発生し、体が重たく感じます。食べ過ぎたら、むくみを早めに解消するように意識しましょう。

水分をたくさんとり、半身浴でたくさん汗をかくこともおすすめです。

また、ニンジンやほうれん草などには体内の水分を排出してくれるカリウムという成分が豊富に含まれています。難しい場合にはむくみ対策のサプリメントなどを取り入れましょう。

自分を責めすぎない

また食べ過ぎてしまった、自分は痩せられない、と食べ過ぎたことを責めすぎると、逆にストレスになってしまいます。ストレスがたまると、またやけ食いをしてしまうという悪循環になりかねません。

食べ過ぎても「また明日からがんばろう」「野菜をたくさん食べられたからOK」と自分を許すようにしましょう。

大食いの方におすすめのダイエットアイテム、binaris

つい食べ過ぎてしまう大食いの方には、binarisのようなダイエットアイテムがおすすめです。スムージーなどのドリンクに混ぜるだけで、腸活に効果的な栄養素を摂取できます。

食べ過ぎた翌日には1食binarisの入ったドリンクに置き換えるといった対策も効果的でしょう。

食べ過ぎてお腹の調子が悪い方、食べ過ぎた翌日に摂取カロリーを抑えたい方など、大食いでお悩みの方はぜひbinarisをチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

大食いでも食事方法を見直せばダイエットはできる!

大食いの方でも、低カロリーなものや水分をたくさん摂取する、食べるものの質を高める、食べ過ぎた翌日の行動に気をつけるなどのちょっとした心がけで、ダイエットに取り組めます。

食べ過ぎたことを責めても痩せられるわけではありませんので、気持ちを切り替えて前向きにダイエットを継続していきましょう。