人に聞きづらい「おっぱいの洗い方」問題に答えを出します♡

体を洗う

おっぱいの正しい洗い方について、ご紹介いたします。おっぱいは、体のなかでも非常にデリケートな部分なので、より丁寧に洗う必要があります。入浴中や入浴後にもおっぱいケアをして、健康的で綺麗なおっぱいを目指しましょう。

おっぱいの洗い方のポイント

人に聞きづらい「おっぱいの洗い方」問題に答えを出します♡

体のほかの部位を洗うときと同じように、おっぱいもゴシゴシ洗っているとおっぱいの形が悪くなってしまう可能性があります。とくにおっぱいを引き下げるように強く洗うと皮膚にダメージを与えるので、垂れたおっぱいの原因になります。

また、乳輪は摩擦によって黒ずみが濃くなるため、ナイロンタオルなどでゴシゴシ擦ると乳輪の色にも悪影響です。デリケートで柔らかいおっぱいは、ゴシゴシ洗うのではなく手で優しく洗うようにしましょう。

タオルでしっかりボディソープを泡立てたら、手のひらに泡をたくさん乗せておっぱいを包み込むように洗っていきます。おっぱいを揺らしたり引っ張ったりするとおっぱいの形に悪影響ですので、あくまでも泡を転がすようなイメージで洗ってください。

おっぱいの下の部分は、汗や垢が溜まりやすい部分です。洗い忘れていると炎症やニオイの元になるので、忘れずに洗ってあげましょう。

入浴中のおっぱいケア方法

入浴中は、おっぱいケアに最適な時間です。この時間をしっかりおっぱいケアに活用するようにしましょう。

しっかり全身を温める

体を温めることで、全身の血行がよくなります。すると、バストにも新鮮な血液、栄養が行き届きやすくなり、健康的なおっぱい作りに役立ちます。また、湯船につかって全身を温めることでリラックス効果も期待できるでしょう。

ストレスが緩和されてリラックスすると女性ホルモンの分泌量もアップします。好きな香りのアロマオイル、入浴剤などを取り入れたり、音楽や読書をしてみたり、バスタイムをリラックスライムにしていきましょう。

おっぱいケアに効果的なツボを押す

おっぱい周辺には、たくさんのツボがあります。ツボを刺激することで、乳腺に女性ホルモンの促進をはたらきかけられます。体が温まっている入浴中に行うことでより高い効果を期待できるので、早速取り入れるようにしましょう。

左右のおっぱいの中央にある「だん」は、女性ホルモンのはたらきを活発にしてくれるツボです。左右のおっぱいの真横にある「てんけい」は、乳腺を大きくするといわれています。乳首から指2本下の部分にある「にゅうこん」は、リンパの流れをよくし、女性ホルモンの分泌を促します。

入浴後のおっぱいケア方法

保湿

入浴中にしっかりおっぱいケアをしたら、入浴後にも仕上げのケアをしていきましょう。体が温かい内におっぱいケアをすることで、綺麗なおっぱいを目指せます。

クリームで保湿&マッサージ

入浴後は保湿クリームでおっぱいを保湿し、さらにマッサージもしましょう。

保湿をしっかりすることで、弾力やハリがあり、思わず触れたくなるようなおっぱいを作れます。お肌と同じくおっぱいも乾燥することで老けた印象になってしまいますので、保湿は絶対に取り入れましょう。

マッサージはおっぱい周辺の血行やリンパの流れをよくすることを第一に考え、あくまでも優しく行ってください。おっぱいはもちろん、鎖骨や脇などにも老廃物が溜まると、バストアップに悪影響です。好きな香りのクリームでリラックスしながら、丁寧にマッサージしていきましょう。

バストアップサプリメントを飲む

お風呂から上がったら、バストアップサプリメントを飲む習慣をつけましょう。睡眠時は、成長ホルモンが分泌されます。肌、髪、爪などを綺麗にしてくれるだけでなく、女性らしいボディラインを作るのにも重要な役割を担っています。そのタイミングで、バストアップサプリを飲むことはおすすめです。

FUWAPは、天然成分がたっぷりの女性に嬉しいバストアップサプリメントです。飲むタイミングは決まっていませんが、お風呂上がりに飲むように習慣をつければ飲み忘れの心配もなく、おっぱいケアを続けられるでしょう。

初回限定!特別価格で申し込む

おっぱいを正しく洗おう!入浴後のケアも忘れずに

おっぱいの正しい洗い方と入浴中、入浴後のケアについてご紹介しました。おっぱいはデリケートな部分ですので、強く洗わずあくまでも優しく丁寧に洗うことを意識しましょう。

入浴中、入浴後はおっぱいケアに最適な時間です。しっかり体を温めた状態で、ツボ押しやマッサージなどを続けてみてください。サプリメントをサポートアイテムとして取り入れることで、より綺麗で健康的なおっぱいを目指せます。