胸のじゅくじゅく痒みを抑えるために今日からできる3つのこと

胸の痒み

胸に痒みがある、じゅくじゅくした感じがあるという悩みを経験した女性は多いです。胸の痒みは人には相談しにくく、病気かもしれないと不安になってしまいます。しかし、胸の痒みの原因は意外と身近なことである可能性が高いです。胸の痒みの原因として考えられるものや、その対処法についてチェックしていきましょう。

胸の痒みは乾燥、蒸れ、衣類によることが多い

胸の痒みの原因について見ていきましょう。目に見えて出血や浸出液が出ている、傷になっているという訳でもないのにじゅくじゅくする、痒みがあるという場合は、日常的なことが原因になっている可能性があります。

乾燥によって痒みが出る

乾燥

胸の近くは皮脂が多く分泌されやすいですが、この皮脂の分泌される量が少なくなることによって痒みを引き起こしているかもしれません。皮脂の分泌のバランスは、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。放置しておくと乾燥して傷ついた部分から細菌が入り込んでしまう可能性もあります。

下着や衣類の摩擦による痒み

下着や衣類が胸に擦れて、その摩擦で痒みが引き起こされているというものです。肌に合っていない素材の下着や衣類が胸に当たった状態が長時間続くと、痒みを感じることもあります。とくに化学繊維に敏感になってしまう肌質の方は、下着や肌着選びに気をつけるようにしましょう。

蒸れて細菌が繁殖することで痒みが出る

胸付近は汗をかきやすく、冬場でも下着や肌着に包まれて蒸れやすくなっています。通気性が悪い衣類を長時間着ていることで蒸れた状態が続き、細菌が繁殖します。この細菌が、痒みを引き起こしているかもしれません。蒸れた状態を放置していると、痒み以外にニキビなどの原因になってしまいます。

女性ホルモンの影響による痒み

生理前になると、胸に痒みを感じる女性もいます。生理前は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、皮膚が敏感になっているため、痒みを感じることもあります。また、胸周辺の皮膚が敏感になっているところへ合わない下着をつけたり、乾燥や蒸れがプラスされたりすることで痒みを感じる、というケースもあります。生理が始まると、この痒みは収まることがほとんどです。

胸に痒みがあるときの対処法

胸のじゅくじゅく痒みを抑えるために今日からできる3つのこと

胸に痒みを感じたときの、簡単な対処法についてご紹介いたします。我慢できないような痒み、かぶれ、出血や浸出液が出るなどの場合は皮膚科を受診することをおすすめしますが、それ以前に自分でできることを試してみましょう。

保湿クリームなどで胸周辺を保湿する

乾燥による胸の痒みがある場合は、胸周辺をしっかり保湿するようにしましょう。乳液やボディクリーム、オイルなど、保湿力が高いアイテムを乾燥が気になるときに塗るようにします。常に保湿された状態にすることで、乾燥による胸の痒みを防げます。

肌に優しい素材の下着を選ぶ

下着や肌着などの衣類が原因で胸の痒みがある方は、肌に優しい素材でできている下着や肌着を選ぶようにしましょう。化学繊維ではなく、綿や綿のものがおすすめです。汗を吸い取ってくれる素材の肌着は、夏場の蒸れが気になるときにはおすすめですが、冬場に着用すると必要以上に乾燥してしまう可能性があるので注意しましょう。

通気性のよい素材の下着を選ぶ

汗をかきやすい夏場や、冬場でも蒸れが気になるという方は、下着、肌着を通気性のよいものに変えましょう。衣類も通気性を重視したり、肌への刺激になりにくいものを選んだりすることで、蒸れや不快感を防げます。サイズの合っていない下着をつけることで、蒸れの原因を作っている可能性もあるので、下着のサイズ選びも重要です。

FUWAPで胸の健康を保とう!

バスト用サプリメントのFUWAPは、健康的なバストを目指す女性の味方になってくれます。健康的なバストになれば、バスト周辺を気にせずに洋服を選べたり、自分に自信が持てたりします。女性らしさがほしい、コンプレックスを解消したいという女性は、ぜひ一度FUWAPをチェックしてみてください。

お得なキャンペーンも開催されているので、どのバスト用サプリを選べばよいかわからないという方にもおすすめです。

初回限定!特別価格で申し込む

胸の痒みの原因から解消していこう

胸の痒みは、多くの女性が経験している悩みです。本格的にひどくなってしまう前に、乾燥や蒸れ、衣類、ホルモンバランスの乱れなど、原因を考えていきましょう。胸の痒みの原因に合った対処法を試せば、悩みを解消できます。健康的な胸を目指して、早速今日からバストケアを始めましょう。