脂肪燃焼のための筋トレ方法を基本から分かりやすく解説

プランク

筋トレは脂肪の燃焼に効果的です。食事制限だけでなく筋トレも取り入れて、効率的に脂肪を燃焼させましょう。

筋トレにはなぜ脂肪燃焼効果があるのか、脂肪を燃焼させるにはどのような筋トレが必要なのかをご紹介します。

筋トレによる脂肪燃焼効果について

脂肪は、一般的に有酸素運動で燃焼されることが知られています。有酸素運動とは、ジョギングやスイミングなどの体を長時間動かす運動です。

筋トレは無酸素運動で、脂肪を燃焼するのではなく糖質をエネルギー源とします。ですが、筋トレが脂肪燃焼に役立たないわけではありません。

筋トレをして筋肉がつけば、体の基礎代謝がアップします。基礎代謝が高まると、普段の生活をしているだけでも脂肪を燃焼しやすく、痩せやすい体にすることが可能です。体が引き締まり、見た目も綺麗になります。

また、筋トレによって体が成長ホルモンを分泌させるのもメリットです。成長ホルモンが分泌された状態で有酸素運動をすると、より脂肪を燃焼しやすくなります。

筋肉がつくと持久力もアップするため、長時間の有酸素運動も続けやすくなるでしょう。

脂肪燃焼のための筋トレ方法

脂肪燃焼のための筋トレ方法を基本から分かりやすく解説

脂肪燃焼のための筋トレ方法としておすすめなのが、有酸素運動の役割も果たす筋トレや、体の大きな筋肉を育てる筋トレです。

有酸素運動も兼ねていれば、運動のメニューに長時間のジョギングやスイミングを取り入れる必要がありません。大きな筋肉を育てれば効率的に基礎代謝をアップさせることができます。

以下に、具体的な方法をご紹介します。

1. サーキットトレーニングを取り入れる

サーキットトレーニングとは、筋トレと有酸素運動を組み合わせたトレーニング方法のことです。もも上げ、プランク、ジャンプ、ランジなど、筋トレをしつつ有酸素運動にもなるトレーニングを組み込み、複数のトレーニングを連続して行いましょう。

組み合わせは無限にあり、鍛えたい部位によってメニューを変えることが可能です。筋トレ、有酸素運動と別々に時間を取る必要がなく、短時間でしっかり追い込むことができ、専用の機器を使わずにできるトレーニングもたくさんあります。

手早く運動を済ませたいという方は、ぜひサーキットトレーニングにチャレンジしてみてください。

2. プランクなどのインナーマッスルを鍛える筋トレを行なう

インナーマッスルは、体の奥にある筋肉です。体幹を支えたり、呼吸にも関わる大切な筋肉ですが、表面的なトレーニングでは鍛えることができません。インナーマッスルを鍛えるトレーニングを組み込む必要があります。

インナーマッスルは脂肪をエネルギーにしていますので、鍛えれば鍛えるほど脂肪の燃焼にも効果的です。プランク、ヒップリフト、ブリッジバランスなどはインナーマッスルを鍛えるのにおすすめの筋トレ方法です。

サーキットトレーニングに組み込んで、脂肪燃焼に役立てましょう。

3. 筋トレ後にタンパク質を摂取する

プロテインを飲む

筋トレ後は筋肉が傷ついた状態です。傷ついた筋肉を修復するためにはタンパク質が必要です。筋トレ後すぐにタンパク質を摂取すれば、効率的に筋肉を育てることができ、脂肪を燃焼しやすい体作りにも役立ちます。

タンパク質はプロテインを飲むか、鶏胸肉など低脂肪、低糖質で高タンパクなものから摂取する方法がおすすめです。

筋トレ後は栄養を吸収しやすくなっているので、糖質の多い甘いドリンクやお菓子、パンを食べないように注意しましょう。

binarisで楽に続けられるダイエット!

筋トレ以外の方法で、もっと楽に痩せたい、体の内側から綺麗を目指したいという方には、binarisのようなダイエットドリンクがおすすめです。

binarisには腸活をサポートする成分が豊富に含まれており、お腹がすっきりしない方、痩せにくくなったと感じる方、体型やお肌の悩みがある方を助けてくれます。

ドリンクに混ぜて飲むだけなので、毎日続けやすいのがメリットです。筋トレと一緒に毎日の習慣にして、より痩せやすい生活を意識しましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

筋トレで脂肪を燃焼させよう!筋トレメニューも考えてみて

筋トレで脂肪が燃える理由、おすすめの筋トレ方法をご紹介いたしました。

筋トレと有酸素運動を掛け合わせること、インナーマッスルを鍛えることでより脂肪燃焼効果が高まります。筋トレメニューを見直して、より効率的な方法を編み出しましょう。

binarisのようなダイエットを頑張る方をサポートしてくれるアイテムも取り入れて、より痩せやすい体を作っていきましょう。