スクワットダイエットの適切な回数や注意点など基本を紹介

スクワット

ダイエットに嬉しい効果がたくさんあるスクワット。今回はスクワットのメリットを確認してみましょう。

また、ダイエットにスクワットを取り入れる場合は何回くらい行えばよいのか、その回数についても解説いたします。最適な回数を行って、ダイエットの効果を実感してください。

スクワットダイエットの適切な回数

スクワットダイエットの適切な回数や注意点など基本を紹介

スクワットダイエットの適切な回数をチェックしましょう。

スクワットを続ければ筋肉を育て、体を引き締めることができます。適切な回数を適切な頻度で行うのが効果的です。

ダイエット目的でスクワットをおこなう場合、6回から12回を1セットとして、3から6セット行うのが最適だといわれています。最初は少ない回数、少ないセットから、徐々に回数とセット数を増やしていきましょう。

たくさん回数をこなしても、フォームが間違っていたり上手に負荷をかけられていないと意味がありません。フォームを見直しつつ、ちょっとキツいくらいの回数をこなせば、より効果を実感することができます。

また、下半身の筋肉は修復されるまでに2日から3日程度かかりますので、毎日行う必要はありません。2、3日おきにスクワットをする、というサイクルを習慣化させ、継続することが大切です。

スクワットダイエットはどんな効果がある?

太ももを引き締める

スクワットダイエットにはさまざまな効果があります。ここでは、スクワットによって得られるメリットをチェックしていきましょう。

脂肪を燃焼してくれる

スクワットは筋トレで、脂肪を燃焼しにくい無酸素運動として考えられがちです。しかし、筋トレの中でもスクワットは消費カロリーが高く、ゆっくり時間をかけて行えうことで脂肪を燃焼しやすくなっていきます。

有酸素運動も筋トレも全部行おうとするとかなり時間が必要ですが、スクワットだけなら手軽に続けやすいでしょう。

基礎代謝を上げられる

太ももは、体の中でも大きな筋肉があります。スクワットで集中して鍛えれば、基礎代謝アップに効果的です。

基礎代謝が上がると日常生活や運動による消費カロリーが高くなります。痩せやすい体質作りにも役立つでしょう。

足やお尻を引き締められる

正しいフォームでスクワットを行えば、足が綺麗に引き締まります。適度に筋肉のつけば、スキニーやスカートの似合う健康的な足になるでしょう。

スクワットはお尻の引き締めにも効果的です。お尻が綺麗に引き締まっていると若々しい印象に見え、足が長く見えます。

もちろん、ふくらはぎや足首なども引き締まります。スクワットは、下半身全体を鍛えるのにもってこいの筋トレ方法です。

全身の筋トレにつながる

スクワットで鍛えられるのは足やお尻などの下半身だけではありません。腹筋や背筋など、ほかの筋肉もバランスよく育ちます。

胸を張り、肩を丸めずに行えば、肩周りや二の腕の筋肉をほぐすことも可能です。

足腰の基礎をスクワットで作ってから別の筋トレを取り入れていけば、より効率的に筋肉を鍛えて体を引き締めることができるでしょう。

スクワットダイエットと併用したいbinaris

スクワットは下半身だけでなく全身を引き締めて、基礎代謝をアップしてくれます。

運動だけではなかなか体重が落ちない、もっと効率的にダイエットしたいという方は、食事面を気にすることもおすすめです。

binarisは麹菌や乳酸菌、油を吸着する成分など、ダイエット・美容・健康に嬉しい栄養素がたっぷり含まれた粉末タイプのドリンクです。スムージーやドリンクに混ぜて飲むだけで、体を内側から綺麗にするサポートをしてくれます。

スクワットも食生活の改善も、継続が大切です。binarisは公式サイトから購入すれば、定期コースを申し込むこともできます。ダイエットの継続にぜひ役立ててください。

初回限定!特別価格で申し込む

スクワットダイエットで引き締まった体を目指そう

スクワットによる効果や、効果的な回数、頻度についてご紹介いたしました。

スクワットは下半身を引き締めてくれるだけでなく、全身の筋肉を鍛え、また痩せやすい体作りをサポートしてくれます。ハードな運動、長時間の運動は続かない、という方も、まずはスクワットを6回、3セットから始めてみましょう。

ダイエットにスクワットを上手に取り入れれば、スムーズに理想の体に近づくことができます。正しいやり方と回数を押さえて、効率よく体を引き締めてください。