着痩せファッションでスリム見せする3つのコーデテクニック

濃い色のファッション

着やせするファッションのポイントを習得すれば、体型に自信がない方もスタイルをよく見せることができます。

どんな点に注意してアイテムを選べばよいのか、コーディネートに取り入れ方など、着痩せファッションのポイントをご紹介いたします。ぜひ毎日のコーディネートに活かしてください。

着痩せファッションのポイント

着痩せファッションでスリム見せする3つのコーデテクニック

着やせファッションを叶えるポイントを解説します。

引き締め効果のある色を取り入れる、ボディラインを意識する、細い部分を見せるなどのポイントを押さえれば、どのようなコーディネートでも綺麗なシルエットになります。

濃い目の色で引き締め効果

ブラック・ネイビーなどの濃い目の色は、全体を引き締めて見せてくれる効果があります。パステルカラーや淡い色、白などは反対に膨張して見えるのでおすすめしません。

ただし、全体を濃い目の色にしてしまうと暗い印象になってしまうので、ボトムス、トップス、またはベルトなど、ポイントを絞って濃い目の色を取り入れるのがおすすめです。

また、赤やブルーなどの鮮やかな色は目を引き、体の気になる部分をごまかすこともできます。

あえてタイトなシルエットを選ぶ

「上半身は細いのに下半身が太い」「足は綺麗なのにお腹周りが気になる」などの悩みがある方は少なくありません。全体を隠すのではなく、自信のあるパーツを主張できるようなタイトなシルエットのものを選んでください。

下半身が気になる方なら、ノースリーブのニットやブラウスで上半身をコンパクトに。足に自信がある方はスキニーパンツを選んでみるとよいでしょう。

細い部分を主張することで、全体的に華奢な印象になります。

首・手首・足首を見せる

首・手首・足首は、体の中でも華奢な部分です。この3つの首を見せることで、ほっそりとした印象にすることができます。

デコルテの空いた服、7部丈のトップスやパンツ、スカートがおすすめです。すべて隠してしまうより出してしまったほうが、綺麗なシルエットになるでしょう。

太って見えるNGファッション

白いブラウス

反対に太って見えるNGファッションのポイントをご紹介します。

淡い色で単色のアイテムはNG

パステルカラー、白などの淡い色は膨張色なので、太って見えてしまいます。

引き締め色として取り入れるならOKですが、全体的に淡い色のワンピースやチュニックなどは選ばないようにしましょう。淡い色で爽やかな印象にしたいときは、締め色の柄やラインのあるものを選んでみてください。

ファッションアイテムにメリハリがない

「気になるウエストを隠す」「二の腕をカバーできるゆったりとしたシルエットを選ぶ」「ロングスカートで足を隠す」など体型のカバーを意識しすぎると、メリハリがなく太って見えてしまいます。

ワンピースならウエストをマークする、ゆったりめのトップスとタイトなボトムスを合わせるなど、メリハリのあるコーディネートを選ぶようにしましょう。

ゆったりしたアウターは体を大きく見せてしまう

アウターを選ぶ際は、ボリューム感に注意しましょう。

ロング丈でゆったりしたアウターは、必要以上に体を大きく見せてしまいます。ショート丈のダウンやウエストマークのできるコートを選ぶと、たくさん着込んでもすっきり見えます。

ダイエットをがんばりたいあなたにbinaris

着やせするファッションのポイントはたくさんありますが、やはり痩せて綺麗な体型になることがベストです。

楽して痩せたいという方におすすめなのがbinaris。

腸活に役立つ栄養素が含まれたbinarisは、飲み物に混ぜて飲むだけでOKという手軽さが魅力です。個装されているので、いつでもどこでも飲むことができ、毎日続けられます。

薄着になる季節に向けて体型を絞りたい、憧れのブランドのアイテムを着こなしたいという方は、簡単にできるダイエットから取り入れていきましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

着やせポイントを押さえてファッションをもっと楽しもう

自分の体型が気になって好きなファッションができない、好きなブランドのアイテムに手を伸ばせない、というのはとても悲しいことです。

体を隠してばかりいると、自信がなくなる原因にもなってしまいます。好きなファッションを心から楽しむためにも、着やせポイントを掴んでコーディネートを考えてみましょう。

「メリハリをつける」「締め色を取り入れる」「体の細い部分を出す」などの工夫をすれば、体型よりもスリムな印象になります。合わせてダイエットにも取り組んで、より自信を持って好きなファッションを楽しめるようにしていきましょう。