貧乳はデメリットしかないの?得する胸・損する胸を徹底比較

貧乳はデメリットしかないの?得する胸・損する胸を徹底比較

貧乳のデメリットと、貧乳でも愛される胸の特徴についてご紹介いたします。貧乳にはデメリットが多いですが、決して胸は大きければよいというものではありません。愛されバストになるためのバストアップ習慣についても、チェックしていきましょう。

貧乳はやっぱりデメリットが多い

貧乳のデメリットは主に2つあります。大きな胸の女性を羨ましく思ってしまう、男性からの視線が気になるなど、貧乳に悩んでいる女性の声はたくさんあります。

自分に自信が持てない

貧乳のデメリットのひとつは、自分に自信が持てないということです。

丸みを帯びた大きな胸は、女性らしさの象徴でもあります。胸が小さいことで、自分には女性らしさが欠けていると感じたり、メディアで胸の大きな女性が取り上げられているとコンプレックスを感じたりしてしまいます。

結果自分に自信を持てなくなり、さまざまな面に影響を与えます。とくに、恋愛面で積極的になれないという声が多くあります。好きな男性の前で堂々と振る舞えない、彼氏の前で服を脱ぎたくないなどなど…。

女性の魅力はバストの大きさだけではありませんが、気になってしまうとそればかりを気にしてしまうようです。

洋服や水着選びに困る

水着に自信がない

貧乳だと洋服選びや水着選びに困る!という声もあります。胸元の開いた洋服はボディラインをスマートに見せてくれますが、胸元がスカスカだと自分には着られない…と思ってしまいます。

シンプルなビキニは似合わない、胸元にボリュームのあるものしか着られない、さらにワンピースタイプの水着を着ると幼児体型に見えてしまう…という貧乳ならではの悩みもあります。

貧乳でも形を整えることで愛されバストに!

貧乳にはデメリットが多いですが、決して悪いことばかりではありません。

バストが大きな女性は肩こりやあせもに悩んでいる方も多く、太って見える、スタイリッシュな洋服が似合わない、男性に胸ばかり見られるなどのデメリットもあります。

また、バストは大きければよいというものではなく、形が大切だと感じている方はたくさんいます。貧乳でも、形が綺麗なバストを目指せば、コンプレックスを解消して自分に自信をつけられます。

すぐにバストサイズを大きくすることはできませんが、毎日の習慣から形を整えていくことは可能です。

ふっくらして形のいい胸の持ち主は始めている!バストアップ習慣

下着をつける

綺麗なバストとは、サイズの問題ではなく、ふっくらとハリがあり、丸みのあるバストのことです。貧乳でも形が綺麗なバストを持っている女性はたくさんいます。

彼女たちが毎日続けている習慣をチェックして、綺麗なバストを目指しましょう。

正しいサイズの下着を身に付ける

バストサイズに合った下着を付けることは、綺麗なバスト作りには大切です。下着が小さすぎるとバスト周辺を締め付けてしまい、健康な血液を送りにくくなってしまいます。

反対に大きすぎる下着をつけたり、貧乳だからといってノーブラで生活しているとバストをきちんと支えられず、垂れたり、離れたバストになってしまいます。

体にぴったりフィットして着け心地のよい下着を選びましょう。最近はワイヤーで締め付けず、バストの形をしっかり整えてくれる育乳ブラ、ナイトブラも種類が豊富です。

自分のサイズに合うものを身につけて、日常生活を送りながらバストアップを目指しましょう。

バストアップによい食事を心がける

綺麗なバストを持つ女性は、バランスのよい食事も心がけています。タンパク質やビタミン群、ミネラルなどは、健康的な体を作るためには欠かせません。大豆製品などは、女性に必要な成分も豊富で、料理に取り入れるのも簡単です。

栄養バランスが偏るとホルモンバランスが乱れたり、栄養がバストに行き届かなかったりと、バストに悪影響を及ぼします。毎日の食生活の見直しを始めましょう。

バストアップサプリメントを飲む

バストアップサプリメントで足りない栄養素を補うという方法もあります。FUWAPは、食事からは取りにくい栄養素や、女性に嬉しい栄養素が豊富です。バストの形を綺麗にしたい、コンプレックスを解消したいといった悩みを持つ女性からもたくさんのクチコミが届いています。

バストアップサプリメントが初めてという方にも嬉しいキャンペーンが開催されているのでチェックしてみましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

貧乳はデメリットだけじゃない!綺麗な形を目指そう

貧乳のデメリットと、綺麗なバストの作り方をご紹介いたしました。毎日の習慣を変えるだけでも、バストアップには効果的です。

バストは大きさではなく形が重要だということを再認識して、綺麗なバスト作りのためには何ができるかを考えてみましょう。