胸が小さいことがコンプレックスの人に伝えたい4つのこと

2020年7月16日

胸囲

胸は女性らしさの象徴ですが、自分の胸が小さいと強くコンプレックスを抱いている女性も多いものです。しかし、胸の大きさを気にしすぎる必要はありません。胸が小さいことで悩んでいる女性に、伝えたいことをお話しいたします。

胸が小さいことを気にしすぎる必要はない!

胸が小さいことがコンプレックスの人に伝えたい4つのこと

胸が小さくて自分に自信が持てないと考えている女性は多いです。しかし、そんなことを気にする必要はありません。これからお伝えする4つのことを踏まえて、自分の胸に対する考え方を変えてみましょう。

胸が小さいといろいろな服が似合う

胸が大きい人はセクシーなドレスや水着がよく似合いますが、その分体にフィットするニットや華奢なデザインのブラウスなどは窮屈に見えてしまったり、太って見えたりします。

胸が小さいとスリムなデザインの服も似合いやすく、さらに着痩せ効果も狙えます。サイズを気にせずにお買い物ができるので、ファッションを楽しめる!と考えてみましょう。ドレスや水着を着るときには、ヌーブラやパッドでいくらでも盛ることはできます。

そう考えると、胸が小さいほうがいろいろな着こなしができて楽しめるでしょう。

胸が小さいことに悩んでいる人は多い

胸が小さいことに悩んでいる女性は意外と多く、あなただけではありません。

ですが、案外他人の胸の大きさを気にしている人は少ないです。大きな胸の人を見て羨ましいと思うことはあっても「あの人は私より胸が小さい」と思うことは少ないのではないでしょうか。

胸が小さいからという理由で消極的になったり、恋愛に奥手になったり、好きなファッションを我慢する必要はありません。他人の目を気にするより自分が好きなことをすれば、その行動力やいきいきとした印象は「胸が小さい」というコンプレックス以上にあなたの大きな魅力になってくれます。

モテる・モテないに胸の大きさは無関係

胸が小さいと好きな人に積極的になれない、彼氏ががっかりしないか心配、という女性はたくさんいます。しかし、恋愛面においてはあなたの胸だけではなく、容姿、性格、相手との相性が何よりも大切です。

万が一「胸が小さいから」という理由で振られたとしても、相手はその程度の人で、あなたを体目的でしか見ていなかったということ。深く傷つく必要はありません。

大切なのは大きさではなく形!

小さい胸に悩んでいる女性は多いですが、本当に大切なのは大きさよりも形です。胸が大きくても、垂れていると実年齢より老けた体型に見えてしまいますし、離れていると実際のサイズよりも小さく見えてしまいます。

きちんとバストケアをしていない大きな胸はだらしなく、見た目が悪いことがほとんどです。一方、小さくても綺麗な形の胸を保てれば、自分に自信を持てるでしょう。

無理なく始められるバストアップの方法

リラックスブラ

胸が小さいことを気にしすぎる必要はありませんが、それでももう少し大きければ…と思ってしまう人もいるでしょう。そこで、無理なく続けられるバストアップ方法についてご紹介いたします。毎日のちょっとした意識で、綺麗な形の胸を目指せます。

ナイトブラをつける

ナイトブラは、眠っている間にバストの形を整えてくれるブラのことです。仰向きや横向きで寝ると、バストのお肉が背中や脇に流れて余計貧乳に見えるようになってしまいますが、ナイトブラをつけて眠ることでこのような形の劣化を防げます。

ナイトブラは体を締め付けずつけ心地がよいものばかりですので、ブラをつけていないよりもリラックスした状態で眠れるでしょう。

ストレスを溜めない

バストアップとストレスには深い関係があります。

ストレスを強く感じた状態が続くと、ホルモンバランスが乱れたり女性ホルモンの分泌量が低下したりするので、胸の成長が妨げられてしまいます。

しっかりと睡眠時間を確保する、湯船に浸かって体を温める、好きなアロマの香りを嗅ぐといった簡単なことでもストレスを低減できるので、毎日ストレスを溜め込まないようにしましょう。

バストアップサプリメントを飲む

バストアップサプリメントなら、毎日手軽に続けられます。FUWAPは女性らしいライン、綺麗な胸元、お肌のハリなどをサポートしてくれます。自分に自信を持ちたいけど高額なエステや手術を受けるほどでは…という方は、まずはサプリメントから始めてみましょう。

初回限定!特別価格で申し込む

胸が小さくてもコンプレックスにしないで!綺麗な胸を作ろう

胸が小さいことをコンプレックスに感じている女性は多いですが、実際には気にしすぎる必要はありません。そして綺麗なバストは、大きさよりも形が大切です。毎日できる綺麗なバスト作りの習慣を身につけて、自分に自信の持てる体型を目指していきましょう。