小顔に見せる顔痩せメイク術6つのテクニックを分かりやすく解説

メイクする女性

小顔に見えると、体もスリムな印象にすることができます。

今回は、そんな小顔に見えるメイク、顔痩せして見えるメイクを習得しましょう。

メイクをする際に意識したいポイントや、顔の形別のメイク方法をご紹介いたします。

顔痩せメイク術の3つのテクニック

小顔に見せる顔痩せメイク術3つのテクニックを分かりやすく解説

まずは基本の顔痩せメイク術のテクニックを見ていきましょう。

メイクで小顔に見せるためには、シェーディング、ハイライト、チークをしっかり意識する必要があります。

適当に入れてしまっているという方は、普段の方法と比べながら、顔痩せメイクについて学んでいきましょう。

1.シェーディングは顔痩せメイクの基本

顔痩せメイクの基本であるシェーディングは、顔に影を作ることで輪郭を引き締めて、メリハリのある印象にすることができます。

シェーディングを入れないと、のっぺりして見えたり顔が大きく見えてしまうことがあるほど、するとしないのでは大きく変わります。

シェーディングを入れる場所は、

・おでこの生え際

・頬の下にかけて

・下あご

に添って、顔の輪郭を際立たせるように入れます。

骨格はひとりひとり異なるので、自分の顔をよく触って骨の形を理解したうえでシェーディングをおこなうことが大切です。

2.高く見せたい部分はハイライトで立体感を出す

シェーディングだけでなくハイライトを取り入れることでより顔に立体感が生まれて、ツヤ感のある顔を演出できます。

ハイライトは顔の中でも高く見せたい部分を高く見せ、際立たせる効果があります。

ハイライトを入れる場所は、

・鼻筋

・おでこ

・あごの先

・目尻と頬の間

がおすすめです。

3.チークは入れ方次第で小顔効果が狙える

チークはなんとなく入れるのではなく、しっかりと小顔効果を狙った入れ方をしましょう。

笑ったときに高くなる部分から、顔の中心に向かって斜め下に入れるようにすると、顔が引き締まって見えます。

ピンク系のチークよりもオレンジやベージュの肌馴染みのいいチークを選ぶと、よりナチュラルに小顔に見せられます。

メイクや服装の雰囲気に合わせつつ、小顔に見せる色使いや入れ方を取り入れて見ましょう。

シェーディングが苦手、勇気が出ないといった方は、チークでチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

顔の形別!3つの顔痩せメイク方法

シェーディングを入れる

顔の形別におすすめのシェーディングやハイライト、チークの入れ方をご紹介します。

顔痩せを狙いつつ、コンプレックスも隠したいという方におすすめです。

1.丸顔さんはサイドにシェーディングを入れる

顔全体が丸い方は、顔のサイドにしっかりシェーディングを入れるのがおすすめです。

反対におでこや顎の下のシェーディングは薄めにしましょう。

輪郭の両サイド、頬にかけてしっかり影を入れてメリハリを作り、顔の中央にハイライトを入れることで、さらに顔を引き締めることができます。

2.面長さんは広めにチークを入れる

縦に面積が大きい頬を隠すことで、面長な印象を解消することができます。

余白があると面長な印象を際立たせてしまうので、顔の余白を埋めるようにチークを大きめのブラシで広めに入れていきましょう。

やや横長に入れるように意識すると、縦に長い面長の輪郭が気にならなくなります。

シェーディングを入れすぎると顔の長さを強調してしまいますので、気になる部分にだけ最小限に入れるようにしましょう。

3.エラ張りさんは輪郭を隠すチークとシェーディング

エラ張りが気になる方は、輪郭を隠すようにチークとシェーディングを駆使しましょう。

生え際から顎まで濃い目にシェーディングを入れます。

エラ部分、顎の裏にもシェーディングを入れることで小顔に見せることができます。

チークはもみあげから黒目の外側に向け、三角形に入れます。

顔の外側のチークカラーが濃くなるように調整することで、より顔を引き締めて見せることが可能です。

本当の小顔を目指すならbinarisを取り入れよう

メイクで骨格を補正して小顔に見せることはできますが、それには限界があります。

本当の小顔を目指したい方は、ダイエットをして顔のむくみや余分な脂肪を取りましょう。

binarisは、腸活をしたい方におすすめのダイエット向けアイテムです。

体の内側からすっきりすることで、理想の体型、小顔に近づくことができます。

スムージーやドリンクに混ぜて飲むだけで、置き換えダイエットにもおすすめです。

公式サイトなら特別価格で購入できたり、定期コースに申し込めるので、ぜひチェックしてみてください。

初回限定!特別価格で申し込む

小顔に見えるメイクをマスターしよう!

小顔に見えるメイク、顔痩せメイク、あわせて6つのテクニックをご紹介いたしました。

のっぺりとした平坦なメイクは顔を大きく見せてしまうので、今回ご紹介したようなメイク方法はよりメイクの完成度を高めるためにも身につけておきたいメイクテクニックです。

シェーディングやハイライト、チークで顔全体を引き締め、メリハリをつけることで、小顔に見せることができます。

顔がなかなか痩せない、スタイルよく見せたい、顔の形のコンプレックスを見せたくないという方は顔痩せメイクだけでなくダイエットをサポートしてくれるbinarisを取り入れたダイエットも検討してみてください。