寝る前のストレッチがダイエットに効果的な3つの理由

寝る前のストレッチ

ダイエットをしたいけどなかなか時間が取れない…という方は、寝る前のストレッチを取り入れてみてください。寝る前にストレッチをすれば、ダイエットなどさまざまな効果が期待できます。

寝る前のストレッチのメリットやおすすめのストレッチ方法、ストレッチをおこなう際の注意点についてご紹介いたします。

ダイエット中に寝る前のストレッチがおすすめの理由

寝る前のストレッチがダイエットに効果的な3つの理由

普段体を動かさない、眠りが浅いなどのお悩みがある方は、寝る前のストレッチをおすすめします。

ここでは、寝る前にストレッチを行うメリットについて見てみましょう。

むくみを緩和してくれる

ストレッチをすると筋肉がほぐれるため、むくみの緩和に効果的です。

普段運動をしていなくても、反対によく体を動かしていても、筋肉の可動域が狭いと、老廃物が溜まりやすく、新鮮な血液が送られにくくなってしまいます。

ストレッチによって体が柔らかくなれば、可動域は広がります。結果、老廃物を排出しやすく、新鮮な血液を送り込みやすくなり、むくみの緩和につながるのです。

体の緊張やコリをほぐしてくれる

疲れや運動不足は緊張やコリの原因です。ストレッチをして柔軟性が高まれば、硬くなった筋肉が柔らかくなるだけでなく、血管にかかっていた圧力を下げることもできます。

結果、スムーズに血液が流れるようになり、緊張やコリをほぐし、快適に体を動かせるようになるでしょう。

リラックスして安眠できる

心地よく感じる程度に体を動かすと、副交感神経が優位になっていきます。

体と心をリラックスさせてくれるのが副交感神経です。寝る前に副交感神経を優位にすることで、良質な睡眠を取れます。

質のよい睡眠は「日中の空腹感を防ぐ」「筋肉が育つ」「消化器官を休ませる」などの効果が期待できるため、ダイエットや健康・美容に欠かせない要素です。

寝る前のストレッチ方法

体をほぐす

ストレッチをするなら適当に済ませるのではなく、ぜひ1日がんばった自分をいたわるようにして行ってください。

ここでは、寝る前のストレッチ方法を解説します。

一つひとつに時間をかける

ストレッチをする際は、ひとつの所を伸ばすのに最低でも30秒程度時間をかけましょう。ゆっくりほぐすことで徐々に体が慣れていき、怪我のリスクも低減できます。

気持ちよいと感じるところまで、しっかり筋肉が伸びているのを意識してください。

良質な睡眠の準備をする

寝る前15分から30分前くらいにストレッチをしてリラックスすると眠りやすいといわれています。

寝つきがあまりよくない方は、ストレッチ以外にも睡眠の環境を整えましょう。

「部屋の照明を落とした状態でストレッチをする」「テレビやスマホを見ずにストレッチに集中する」「お気に入りの香りのクリームでマッサージする」など、自分がうまくリラックスできるよう準備してください。

激しい運動は避ける

寝る前に体を動かす場合は、ストレッチやヨガなどのゆったりとした動きの運動にとどめましょう。

激しい運動をすると、交感神経が刺激されて脳と体が覚醒状態になるため、かえって寝つきが悪くなったり、体の疲れが取れなくなったりしてしまいます。

寝つきをよくするためにも、激しい運動は日中に済ませておきましょう。

気軽に続けられるダイエットならbinaris

寝る前のストレッチはダイエットに効果的です。体の緊張やむくみを緩和させて、すっきりとした毎日を送りましょう。

体の内側からすっきりしたいという方におすすめなのがbinarisです。

binarisには麹菌や乳酸菌、油を吸着する成分などが含まれています。好みのドリンクに混ぜて摂取するだけで体に嬉しい栄養素を取り入れることができ、腸活にも役立ちます。

思うように体重が減らない、昔より痩せにくくなったという方は、ストレッチとともにbinarisもダイエットに取り入れてみてください。公式サイトからの購入で、割引などのサービスを受けることができます。

初回限定!特別価格で申し込む

寝る前のストレッチで心も体も健やかに!

寝る前のストレッチとダイエットの関係についてご紹介いたしました。

ストレッチにはむくみや疲れ、コリの緩和、リラックスなどの効果があり、ダイエット中にもおすすめです。なかなか運動する時間が取れないという方も、ぜひ寝る前の数分間をストレッチにあてて、自分の心と体をいたわる時間を作ってください。

ストレッチで体も心もすっきりすれば、ダイエットへのやる気も出てきて、より理想の体にスムーズに近づくことができるでしょう。